愈流庵SSバランス整体院

079-557-1156(AM10:00~PM8:00)

ご予約・お問い合わせはこちらから

愈流庵の施術について



どこに行こうか?

あなたは自分の体のことについて、 考えたことや思ったことがありますか?


例えば・・・・・、

・高齢になっても健康で、働きたい。
・今の健康を維持したい。
・風邪をひきにくい体をつくりたい。
・虚弱体質を改善したい。
・体の気になるところを改善したい。
・今から、寝たきり予防をしたい。
・今から認知症の予防に取り組みたい。
・健康な体を取り戻したい。


どうしたらいいのか?
どこに行けば良いのか?

考えたことがありますか。

病気をすれば、病院があります。 今は、不自由なく生活できている。

でも、少し気になる ところもあり、将来がなんとなく 心配。


予測予防

言葉を変えれば、 予測予防という道 と言えると思います。 健康で、あるうちから 大事に至る前に予防する。 長く付き合ってきた 自分の体を、一度棚卸しする機会を 持ってはどうでしょうか。

真愈整体

血液の循環をよくする 気血循環療法は、 人の本来持っている 自然治癒するパワーを高め、 体に持っているバランスを 調整していきます。

オルゴン療法

オルゴンエネルギーによって 自然治癒力、 免疫力が高まります。

腰痛、肩こり、 膝痛、首痛、五十肩、偏頭痛 視力回復、内臓疾患、子宮筋腫 痛風、糖尿病、リウマチ、心臓疾患 癌など

リンパが流れることで美容にも効果的です。

整体

オルゴン療法の即効性と気血循環療法の理論と実技を融合した、オルゴン整体です。

オルゴンというまだ、知られていない言葉ですが、宇宙の中にあるオルゴンエネルギー(気のようなもの)を取り入れることによって体の自然治癒力を引き出します。

そして整体調整によりすっきりとした体を取り戻します。

家庭

高岡英夫先生が創始者である、ゆる体操の指導員です。身体の健康は、自分自身で守る時代です。 ご自身で身体をゆるめる方法が考案されています。それをご家庭で取り組んでください。

心のケア

メンターの提唱される「魂の学」により、一般的に病は、あってはならないものと受け止められていますが、「魂の学」では、「病は呼びかけ」と受け止めます。自分がいまこの病を通して呼びかけてられていることは何だろうと、考えます。このことを入り口に、その方が、本来持っている個性を取り戻す手助けになることが喜びです。

病気とは何か

フローレンス ナイチンゲールは 『看護覚え書』の「序章」で

「すべての病気は、その経過の どの時期をとっても、程度の差こそあれ 、その性質は回復過程 〔reparative process〕 であって必ずしも苦痛をともなうものではない」と 述べています。さらに 「つまり病気とは、毒されたり〔poisoning〕 衰えたり〔decay〕する過程を癒そうとする 自然の努力の現れ」とも表現しています。


reparative process 

リバラティブは、「修復」「回復」を、 プロセスは「過程」「成り行き」 を意味します。つまり

「病気にかかった身体を、元の 元気な体に戻そうとする体の営み」

のことを指します。

たとえば、風邪をひいて発熱するのは、 体温を上げて免疫力を高め、体内に 入ってきた異物(ウイルス)を撃退するためです。


現在の医学では、人間の身体は、体温が上がると免疫力が 活性化することがわかっています。 あなたが何歳であれ、あなたの身体には まだまだ可能性があり、その可能性を開発する 方法はあります。

その方法を誤らずに取り組めば、 まずは身体に、そして心や人間関係に、ひいては 人生にも希望が生まれます。 愈流庵では、真愈整体、食養、体操等で、ホリスティックな視点で ライフスタイルをサポートをしています。

料金・メニュー


入会金(初見料+検査費) 2,000円
初回は問診カウンセリング、検査、体操指導全て込で6,000円となります。初回は約60分ぐらいかかります。

バランス整体 4,000円
2回目以降は通常は「バランス整体 」となり4,000円です。時間は約30分~40分です。(時間制ではありませんので、症状により若干前後します。)

バランス整体(高校生まで) 3,000円
高校生以下はバランス整体が3,000円となります。総合整体は同額です。

総合整体 6,000円
全身の調整が必要な方は、「総合整体」となります。時間は約50分です。(時間制ではありませんので、お体の状態により若干前後します。)

オルゴン特殊整体 9,000円
オルゴン特殊整体は総合整体にオルゴン療法加え、食べ物から健康体操のご提案まで。時間は約60分から80分です。(時間制ではありませんので、症状により若干前後します。)

可能な限り出張施術させていただきます。電話・メールでお問い合わせください。
<料金は施術料+出張費です。>



お客様の声

 

京子さん 福知山市 (主婦)

終わると体がホカホカします。

よどんでいた血液が動き出したのでしょうか

今後をさらに楽しみにしています。

 

山家 はっしゃんさん 篠山市  (自営業)

気持ちいいよ

 

Y.F.さん 篠山市  (主婦)

肩が楽になりました

またお願いします



アクセス・地図


■372号線の旧街道を福住伝統建築物内の福住郵便局前です。
■車では京都からは、372号線で兵庫県に入って5Kぐらいのところ。
■大阪からは豊能郡能勢町天王を降りたところです。
■最寄りの駅は、京都山陰線JR園部駅からバスで30分。
■福知山線のJR篠山口駅からバスで40分です。安田ローソンの近くです。







プロフィール

院長 降矢 昌孝 (ふるや まさたか)
1991年大阪工業大学
電気科卒業 愈流庵 SSバランス整体院 院長
NPO日本ゆる協会公認 ゆる体操指導員
イトオテルミー親友会 特別会員 聖イトオテルミー学院 指導師
オルゴン療法師 認定番号3006号
訪問介護員2級課程修了
真愈整体学院認定 真愈整体師
真愈整体の会 北近畿支部長




消防のこと

篠山の高校を卒業すると大阪にでました。

消防学校を卒業して、
消防士としての生活が始まりました。

市民の皆さんが消防に対して理解があり、協力していただきました。
自分はいかに現場に早く着き、安全に注意し確実に消火することが仕事と考えていました。

また 火災予防も大切なことがわかりました。

大阪の繁華街は、当時 雑居ビルが多かったので、
通路の確保、整理整頓が重要でした。

消えない火災はない。これは常識でした。

初期活動で、燃え盛る火や煙に遭遇しても、 他の隊の援護が必ずあるので、踏みとどまることができます。

しかし、そんな常識を覆されたのが、阪神淡路大震災のときの火災でした。

その時には、私は転職していましたが、テレビで見る、火災は経験したものとは何もかもが違っていました。思わず話していた親友に言いました。

経験したのは、点で消した火災だった。
この火災は面だ。消防始まって以来の、誰もが未経験の火災でした。

どう戦うのか。立ちすくむしかありません。
でも、その時に、戦い方を教え見せていただいたのが、師匠、メンターでした。 「絆」で戦う。

これは、今でこそイメージできますが、当時それを意識して体験した人は、限られていました。その後、その経験が、東北大震災、熊本地震に生かされました。


農業のこと

消防生活を終え、その後、営業、組立、設計設備、運送、教育、農業、旅館、介護といろんな経験を重ねました。

しかしいつも心の中にあったのは、自分は何をしたいのか。いつも通奏低音のように心の中に響いていました。



自分は何者か

もともと私は、兼業農家の長男として育ちました。

お米と丹波の黒豆を父親の後を引き継いで栽培しています。

私は、農薬や、化学肥料にはなぜか興味がありませんでした。
そこで自然に近い栽培方法を模索しました。

「奇跡のリンゴ」の木村明則さんのことも知りました。10年かけて悩んだ末に、答えを教えていただいたのが、親方と呼ばれている赤峰勝人先生です。

答えはすべて循環の中にあり。循環農法を教えていただきました。
これは 揺るぎない真実であり、農業にかけた人生。愛を親方から感じます。


はじまりは

あるセミナーでこれからは予測予防医療が主流になると、メンターである医療関係に携わる方からお聞きしました。

それを聞いたとき、私もそのような医療を何らかの形で関わってみたいと心の中で強く思いました。


温熱イトオテルミー

そしてそのため、かつてなじみの合った、温熱イトオテルミーの和歌山の深谷先生に、ご相談して当時大阪、十三にあった津山支部をご紹介いただきました。

津山先生と山口先生、原田先生にご指導いただきました。

現在は原田先生が吹田の桃山台で原田支部として引き継いでおられます。温熱イトオテルミーは戦前からある療法で熱刺激を体に入れます。

体に心地よい刺激を入れて緩めていきます。家庭療法としても普及しています。 


オルゴン療法

また、のちに愛媛の越野先生のオルゴン療法を学ぶことになりました。

この出会いは竹炭を作っておられる新野めぐみ氏著書「オルゴン療法に目覚めた医師たち」からです。そのホームページでオルゴンリングが紹介されていました。

早速、施療用リングを購入し自分で試してみました。
これは鮮烈な刺激を感じました。

頭に突き上げるような刺激、その後の爽快感は、今まで味わったことのないものでした。

時を同じくして、ちょうどオルゴン越野が社団法人になり研修生を募集していました。
その第1期生として研修を受けることになりました。

2回目の研修の時に直接、越野先生 * 著書に「末梢血管マッサージで超高齢社会を健康に生きる」多数 * がお越しくださいました。

その施術は、彫刻を掘るようにも思えました。
30代の女性の姿勢がみるみるよくなり顔にも明かりがさしていました。

そこでのエピソードとして、同じ研修生のMさんが登場します。
ちょうど新大阪のコロナホテルであったのですが、越野先生の施術を受けたときの?さんの雄叫びは横を走っている新幹線を停めてしまうのではないかと思いました。

今では新幹線を停めた男として仲間うちでは伝説になりました。彼は、2016年秋に宝塚で開業しました。

その後大阪でもオルゴン療法が受けられる場として阪急塚口の近くのオルゴンさくら鍼灸院(八識堂内)があり、そこの宇保先生と茨木市の女性の山崎先生が大阪オルゴンの講師としてご活躍されています。

オルゴン療法は手足の抹消のつまりをとることによって新陳代謝がよくなり免疫力が上がります。


オルゴン施療の施療者育成を目的とした研修制度が有ります。
一般社団法人 日本オルゴン物理療法師協会 研修生募集中


整体のこと

その後、温熱テルミー、オルゴン療法と関わるなかで、私はより専門知識を学びたいと思うようになりました。

その頃読んでいた本が加藤清先生の「ガンは助かる」「粉ミルク健康法」でした。加藤先生ご存命当時、森ノ宮の健康再生会館でガン治療の実績をあげられた方です。

そこで加藤清先生をご存知の真愈整体学院 健康塾 院長の岡田俊一先生に出会うことになりました。

岡田先生は、大阪市阿倍野区昭和町の駅前で健康塾 整体院をされています。
ホームページを見てまず豊富なキャリアに心を惹かれました。そしてそこから生まれている説得力は、確かなものでした。

実は、阿倍野区昭和町は、大阪に出てきて初めて住んだ場所でした。今から思うと大阪でも、一風落ち着いたよき場所だったと感慨ひとしおです。

その地で「整体とは何ぞや」を一から 学ぶことになりました。


集大成

2016年は忘れられない年になりました。
八ヶ岳、すべてはここから始まりました。


Don't think! Feel!!
そして自分の頭で考えろ、そして行動しろ。
願いを忘れずに。



健康ブログ



オルゴン施療研修のご案内