健康ホーム

a0960_007205

3月15日(火)

今日は、施設でオルゴン整体

Hさんは楽な姿勢で横になってもらった。

車いすでの生活習慣で、あまり動きも見られなかった。

前日にすこしベッドから立ち上がろうとした。と聞いた。

2回の施療をしたので血行が良くなったのだろう。

やはりオルゴンの即効性には驚かされる。

Hさんの身体の中から動こうとする本来持っている

体の本能が呼びだされるのかもしれない。

ただ本来動けなかった人が、動くようになると、

周りのスタッフさんとの連携が必要になってくる。

動けるようになるというのは、転倒のリスクを背負うことになる。

ケアもこれまで以上の見守りが必要になる。

利用者、スッタフ、施療者の協同が必要になる。

コミニュケーションツールとして、

仮称「健康ホーム」通信のような媒体をつくろうと思う。